実写映画『銀魂』を見た感想!橋本環奈ちゃんの捨て身の演技と佐藤二朗さんのおもしろ演技がたまらない!

銀魂2が公開されるなど、実写銀魂の勢いがすごいですが、ついにネットフリックスにて実写版銀魂の第一弾が追加されていたので早速見てみました。

とにかく橋本環奈ちゃんが可愛い!笑

そして佐藤二朗さん、役からはみ出しすぎてめっちゃ佐藤二朗さんが出ちゃってます(笑)

この記事は若干のネタバレを含みますので、ネタバレを見たくない方は、目次からストーリー(ネタバレ)を飛ばしてお読みください。

実写版『銀魂』のあらすじ

侍の国、この国がそう呼ばれたのも今は昔の話。江戸時代末期、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途をたどっていた。

かつて複夷志士として天人と最後まで戦い「白夜叉」と恐れられた坂田銀時も、今は腰の刀を木刀に持ち替え、かぶき町の便利屋<万事屋(よろずや)銀ちゃん>を呑気に営む日々。そんな彼の元に、かつての同志である桂小太郎が消息不明になり、高杉晋助が挙兵し幕府の転覆を企んでいるという知らせ が入る。

事件の調査に乗り出した万事屋メンバーの新八、神楽の身に危険が迫ったとき、銀時 は再び剣をとる。進む道、戦う意味を違えたかつての同志と対峙し、己の魂と大切な仲間を護 るためにーー。

引用:映画『銀魂』ブルーレイ&DVDリリース | ストーリー

ネトフリマン

ストーリーはアニメや原作の銀魂長編シリーズでいうところの『紅桜篇』になります。

ストーリー(ネタバレ)

始まりは銀魂の世界観の説明から始まり、新八と銀さんの出会いから始まります。

ネトフリマン

銀さん初登場時の有名なセリフ「発情期ですか?」がセリフとして登場。若干原作と違うものの、このセリフを入れてくれたのは嬉しい。

ただ、この部分は回想的なシーンで、物語自体はすでに新八と神楽が万事屋で働いてしばらくのところからスタートします。

そして、人気エピソードの1つ、『カブト狩り』が万事屋メンバーで行われます。

全身蜜だらけの変態の近藤 勲(役:中村 勘九郎)さんや、巨大なカブトムシのかぶりものをしたドSの沖田総悟(役:吉沢 亮)、味音痴マヨラーの土方十四朗(役:柳楽 優弥)がここで登場します。

その後、新選組が探していた黄金のカブトムシを見つけ、銀さんたちと捕まえようと町中を走り回ります。

ドタバタコメディはここまでで、以降はシリアスな展開へと突入。

銀さんの旧友である、ヅラこと桂小太郎が最近頻発している辻斬りに襲われたことにより物語は急展開を迎えます。

桂が辻斬りにあったことを知らないまま、銀さんは兄弟で営むとある刀鍛冶屋から依頼を受ける。

それは、盗まれた刀『紅桜』を探し出してほしいということだった。

一方その頃、桂が飼っていた宇宙ペット(?)のエリザベスから桂が辻斬りにやられたのではないかと聞いた新八と神楽は、桂の行方を追って調査を始める。

そして、神楽は定春(万事屋のマスコット的ペット)と共に匂いをたどり見つけようとし、新八とエリザベスは辻斬りを捕まえ桂のことを聞き出そうということになります。

辻斬りの出現を待つエリザベスと新八ですが、そこに現れた辻斬りによってエリザベスは引き裂かれしまい、絶体絶命のピンチを迎える新八。

しかし間一髪銀さんが登場!そして辻斬りの正体が、人斬りの岡田 似蔵(役:新井 浩文)であることが判明します。

辻斬り相手に激闘を繰り広げる銀さんですが、妖刀『紅桜』の強大な力に打ち負かされてしまいます。

新八の一撃と新選組の登場により、なんとか命は奪われずに済んだものの大怪我をしてしまう銀さんだった・・・。

一方、神楽と定春が桂の匂いをたどっていくと、港に大きな謎の船が止まっているのを発見します。

そして桂のことを聞き出そうと単身乗り込む神楽。

しかしそこで高杉 晋作(役:堂本 剛)率いる『鬼兵隊』武市 変平太(役:佐藤 二朗)来島 また子(役:菜々緒)に捕まってしまいます。

お妙さん(役:長澤 まさみ)に看病され目覚めた銀さん。そこへ訪れた刀鍛冶屋の村田 鉄子(役:早見 あかり)が真実を話す。

紅桜の正体は、刀鍛冶屋の村田 鉄矢(役:安田 顕)が究極の刀を求めるあまり生み出された、カラクリ兵器であることが判明。

先代を越えようとするがあまり、禁忌に手を染めてしまった者と、高杉の企みが重なり合い今回のような悲劇を生んでしまったことを聞く銀さん。

その頃、新八は定春の後を追い神楽の居場所を突き止める。その後なんとかして侵入にする成功する新八。そして銀さんは、紅桜と決着を付けるため船に乗り込む準備をします。

そこで手助けをしてくれたのが、平賀 源外(役:ムロツヨシ)楽して敵に勝ちたいと銀さんらしい要望に対して、あれやこれやと”危ない”ものを提示します。

ネトフリマン

赤い彗星専用機のザ◯とか、ゴ◯ゴ◯の実とか(笑)

そして囚われの身となってしまった神楽がいよいよ始末されそうになったとき、新八が現れ阻止します。

しかし、一人で乗り込んでしまったためまたもピンチに!そんなとき、新選組が現れます。

新選組に紛れ船内をうろちょろしていると、大量に量産された紅桜を発見します。

そこを高杉 晋作に見つかり襲われかけた時、突如としてエリザベスもとい桂小太郎が現れます!そう彼は生きていたのです!自分が死んだことにしておいたほうが調査しやすいためというのが理由だった。

銀さんが船に乗り込み、紅桜によってどんどん暴走状態へ向かう岡田 似蔵と再戦します。新八と神楽は武市 変平太と来島 また子と対峙。

それぞれが勝利を収めたと思ったとき、岡田 似蔵は完全に紅桜に取り込まれもはや人間ではない化け物のような状態になり、その矛先は村田 鉄子へと向かいます。

それを体を張ってとめる兄・村田 鉄矢。まだ彼にも妹を大切に思う気持ちは残っていたようで、命がけで鉄子を守ります。

村田 鉄矢が命を落とし、もはや打つ手なしかと思ったその時、銀さんが懇親の一撃をお見舞いし、ついに岡田 似蔵は倒れます。

岡田 似蔵を倒した銀さんは、甲板で高杉晋作と決着を付けるため、ボロボロになりながらも刀を交えます。

間一髪のところで高杉 晋作とその仲間たちは船を脱出。銀さんたちもなんとか船を脱出し、お妙さんが待つ万事屋に帰るところで物語は終わります。

実写映画『銀魂』を見た感想

豪華なキャストと、クセの強い役者さんの面白い部分が生かされ、銀魂自体の面白さがにじみ出ていたいい作品でした(^o^)

僕としてはやはりツボだったのは佐藤二朗さんです。

佐藤二朗さんの良いところ(?)が生きたシーンがあるのは僕としては非常に嬉しかった(笑)

あと気になったのが、近藤さんがすっぽんぽんで素振りをしているシーンがあるのですが、局部にはモザイクがかけられています。しかし、どうみても、その・・・モザイク越しに見えてるんですよね・・・ナニが・・・

地上波で放送するときはもうちょっと強めにモザイクかかるんでしょうか?笑

やはり可愛いは正義!橋本環奈ちゃんの神楽は、可愛い!体を張った演技で鼻をホジホジしたり、原作の通りゲロインであったりと可愛さと汚さが上手く融合した役だったと思います!(混乱)

若干ムチムチしていたかな(笑)

しかし銀魂2では少し痩せた気がしますね。

多方面に怒られそうなギリギリ感がまたたまらなく面白いので、ぜひ見て笑い明かしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です